2019年4月18日 (木)

侮るなかれ保育園!〔兵庫県宝塚市〕

通常、何か問題が起こると、園長先生をトップに何かしら動きがあるのですが、こちらの園では、どうも担任の先生方の動きが違うんです。あらかじめ決めた事を進めている様子は分かるんですが、事あるごとに常に先生同士が話し合い、相談して、その場その場の状況に応じて、判断して行動している様子が目に留まります。そんな様子が子ども達にも伝わるのでしょう、知っている子ども達の雰囲気とはどこか違います。でも、獅子舞で怖がる子ども達の反応は一緒です!また、泣き叫ぶ子ども達が辛抱して頭を噛んで貰った時の先生方のリアクションも最高!餅つきの盛り上がりも最高!様々な指導方法があるんですね!侮るなかれ保育園!

演目:水口囃子、秋田大黒舞、寿獅子、もちつきばやし

Photo_21 Photo_22 Photo_23

2019年4月15日 (月)

できることを持てる力の限り〔大阪府池田市〕

どうして感動したんだろうか?そういう答えが出ない感動ってありますよね。目を真っ赤にして、涙を一杯溜めて、詳しく感想を伺う時間もありませんでしたが、職員の方から、「本当に喜んでおられましたよ!」と、感謝のコメントが。そういうレベルを下げずに、今ある作品、新しい作品で感動して頂けるように、1公演1公演を大切に、お客さんに真摯に向き合い、一層自分達を磨いていく事なのかなと思いました。時節柄の時期だからこそ流れて来る伝統音楽はありますが、時期が過ぎれば、やがて西洋音楽が街中に溢れ出します。マイノリティーという言葉がありますが、本当に身に染みてそう実感致します。

演目:水口囃子、寿獅子、南京玉すだれ

Photo_16 Photo_15 Photo_17

2019年4月13日 (土)

怖いと感じる彼の感性〔兵庫県宝塚市〕

「怖い、怖い」太鼓の演奏が始まると同時に泣き出す園児がいました。確かに、人間の持てる最高を神に捧げ、無病息災や五穀豊穣などの願いを聞き入れてもらうという、これまでの「芸能」の果たしてきた役割が、どこかおどろおどろしい雰囲気を持っているのも否めません。どうやら彼の体の中にあるそんな遺伝子を刺激してしまったようです。なぜ怖かったのか?彼は知る由もありませんが、きっとこういう世界に敏感な感性を持っているようです。彼にはぜひ伝統芸能後継者の道を歩んでもらいたいものです。

演目:水口囃子、寿獅子、南京玉すだれ、もちつきばやし

Photo_12 Photo_14 Photo_13

2019年4月11日 (木)

身に余る幸せ!〔兵庫県神戸市〕

通常、搬入に台車を使うのですが、こちらの施設、ストレッチャーを貸して下さいます。やたら道具の多い私達。台車だと何台も必要な所、このストレッチャー1台で台車3台分の役目を果たしてくれます!人を搬送するものなのに、荷物を載せてもいいのだろうかと当初戸惑う気持ちもありましたが、今では当たり前のように使わせて頂いております。今時使わなくなった古いものを利用しているのだと思っています。「獅子舞と餅つきは必ず演目に入れてね!」施設長さんからの熱いラブコール。「縁起のいいものを細く長くやって行きたいの!来年も、さ来年も、ず~とお願いね!花こまさんもお体大切にね!」もう15年以上も通い続けているのに、まだそう言って下さるのです!

演目:水口囃子、寿獅子、そーらん節、もちつきばやし

Photo_6 Photo_7 Photo_8

2019年4月10日 (水)

先輩の言葉生きています!〔兵庫県神戸市〕

こちらの施設、伺い始めてからもう4年が経ちます。会場にある備え付け家具のレイアウトにも原因があったのですが、毎年位置的に見づらい方が出てしまい、その都度改善を重ねてきました。今年やっとほぼ皆さんの見やすい舞台設定になったように思います。担当して下さる職員の方々の情熱のお蔭です。とりもなおさず、利用者の皆さんに気持ちよく楽しんで頂きたいという思いがあるからこそです。私達も先輩から、「良い公演、成立する公演をつくるには、公演内容はもとより、会場に集まったお客さんが楽しめるそんな客席作りもとても大切だよ」と教えて頂きました。先輩の言葉今も生きています!ありがとうございました!

演目:寿獅子、もちつきばやしPhoto_5 Photo_4 Photo_3

2019年4月 9日 (火)

次の関心は三味線?〔兵庫県姫路市〕

今年は、近場に出掛けようという気分なのでしょうか?例年になくたくさんの人々で賑わいました!特に、三味線に注視する子ども達の視線が印象的でした!そう、実に珍しい!餅が配られている列に並び、必ず貰えるんだという安心感の中、何気なく次に関心を寄せたのが、三味線でした!どんな思いで見つめてくれたのでしょうか?こちらは「将来、きっと三味線を弾いてね!」という「弾いてねビーム」を発しながら演奏を続けました!真近で、三味線の音色、実物など目にする機会など普段ないでしょうから、音楽の時間に「僕、三味線の本物見た事ある!」ときっと発言してくれる事でしょう!「どんな風に感じましたか?」と先生に聞かれて、一体どんな感想を語ってくれるのでしょうか?

演目:もちつきばやし×3回

Photo_1 Photo Photo_2

2019年1月24日 (木)

邪念を抱く間もなく精進〔兵庫県宝塚市〕

公演好評につき、早速次回公演日程が決まりました!本当に嬉しい限りです。毎年伺っているので、もう飽きられたんじゃないかと、ふと頭をよぎる事もあるのです。それでも、獅子に頭を噛まれる幸せを、顔をくしゃくしゃにして、体いっぱいで表現して下さる皆さんの姿には、いつもこちらの身が正されます。公演依頼があってもなかっても、いつもお客様に真摯にあり続けるのみなのですが、もうちょっと仕事が増えればと思ってしまう邪念がぬぐえません。「小人閑居して不全を成す」邪念を抱く間もなく、常に精進あるのみなんですよね。

 

演目:1F寿獅子、もちつきばやし×2回 3F寿獅子、もちつきばやし

Photo

Photo_2

Photo_3

2019年1月17日 (木)

みんなで決めた力強さ!〔兵庫県たつの市〕

先代の園長先生の急逝に伴い後を引き継いだ現園長先生。大変なご苦労をされたと思いますが、一緒に園を支えるいいスタッフの皆さんに恵まれ、活気に満ち溢れていました!園の先生方で話し合い決めた、今風の色、デザインが施された新園舎が輝いていました!色んな思いや未来への希望溢れる情熱がひとつになって、前へ進んで行っている姿を見せて頂きました。当然そういう雰囲気は、園児や保護者の皆さんにも伝わっている事でしょう。巷では、衛生面から「餅つき」行事が減って行っているさ中、何とか続けたいという園長先生の思いは今年も実現しました!

 

演目:南京玉すだれ、寿獅子、もちつきばやし×4回

Photo

Photo_2

Photo_3

2019年1月15日 (火)

こんなところに伝統芸能〔兵庫県神戸市〕

伝統芸能の公演先としては非常に珍しい処にお邪魔しました。プロスケーターを生み出すそんなローラースケート練習場に伺い、生徒やスタッフの皆さんにひと時を楽しんで頂きました。勿論、公演先などこだわらずに来た私達ですが、さすがにスポーツ練習場というジャンルはありませんでした。体育会系?の皆さんにとって、三味線や太鼓のお囃子に載せて餅を搗くなど、きっと新鮮な出会いじゃなかったかと思います。また、出来立てのお餅がお腹一杯食べれるとあって、それこそが餅つきの真骨頂!皆さん興味津々で、スマホやカメラで思い出の一枚を撮り止めておられました。

演目:寿獅子、もちつきばやし×2回

Photo_4

Photo_5

Photo_6

2019年1月14日 (月)

クラシックと伝統芸能〔兵庫県姫路市〕

昨年はベートーヴェンの第九交響曲が日本で初演され100周年で、姫路でも恒例の第九演奏会が行われました。また、打ち上げの席では、第九成功を祝っての「もちつきばやし」も恒例で行われました。最初は、クラシックなのに大丈夫なのかな?という不安もありましたが、「餅つき楽しみにしていますからね!」そうです、今では皆さん心待ちにされ、第九演奏後の楽しみにとなっています。今年の指揮者「曽我大介」さんも勿論、餅つきに参加して頂きましたが、意外と背の高い方でした。指揮者というと、どうも偉い先生というイメージでこちらが引いてしまうのですが、曽我さんは芸心もお持ちなようで、演奏会後に及んでも打ち上げ参加者を喜ばせようと、様々な心配りに溢れ、常に趣意をお持ちになって行動されているその姿勢が表れた曽我さんの餅つきでした。こんな事が実現できるのも、長年培ってきた姫路労音あればこそなんだと思いました。ぶらぼー!

 

演目:もちつきばやし

Photo

Photo_2

Photo_3

«私達の血に流れているもの〔兵庫県たつの市〕

無料ブログはココログ

ひな祭りブログパーツ

  • ひな祭りブログパーツ
" href="http://hina-bp.com/">ひな祭りブログパーツ

En Soph ブログパーツ